カードローンの総量規制対象外

カードローンの総量規制対象外とは

カードローンの中には総量規制対象外のものがあります。総量規制とは、年収の三分の一を超える借り入れができないことと、50万以上、または複数の借り入れがまとめて100万円以上になるときは年収を証明する書類を提出することです。この法律は消費者金融系の会社や信販系の会社に適応されます。銀行系の会社はこの法律の適用外です。
カードローンを申し込んだら、審査を受けなければなりませんが、50万円以上のお金を借りたい時は審査時に必ず年収を証明する書類を提出しなければなりません。それが面倒な場合は、銀行系の会社から借りるようにした方が良いです。銀行系の会社の場合は独自の基準を設けていて、一定の金額を超える借り入れをするときは収入証明の書類を提出しなければならないことが多くなっています。
この法律は厳格に運用されていて、一番最初に借りた金額が50万円以下でも何度も借り入れをして、総額の借り入れが50万円を超えた場合は、年収を証明する書類を提出することを求められます。何らかの事情で年収証明の書類の提出をしていなかったら、カードのキャッシングはできなくなります。それでもショッピングの方は利用できるので、返済のみをしながら、ショッピングの枠を使っていきます。少なめのお金を借りたい時にこの法律の規制を受けたくなかったら、銀行系のカードを利用した方が良いです。銀行系のカードは一般に審査が厳しいですが、最近は緩くなっている会社もあります。