在籍確認なし

在籍確認の電話なしで申し込めるカードローン

カードローンに申し込んでお金を借入れるためには、審査を受ける必要がありますが、そのときには在籍確認をする必要があります。
在籍確認とは、申し込んだ人が申請した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認することです。
一般的には、カードローンを提供している金融機関が勤務先に電話を入れて申し込んでいる人が働いているかどうかをチェックするのですが、電話を入れたことをきっかけにお金を借りようとしていることが勤務先の人にばれてしまうリスクがあるためカードローンに申し込むこと自体を敬遠する人もいました。
銀行が勤務先に電話を入れる場合は、お金を借りようとしていることはすぐには分からないので、そのまま銀行名を名乗ることも多いのですが、消費者金融会社が勤務先に電話を入れる場合は社名を名乗らないようにするなど、ばれないようにするための配慮をしていたのですが、それでも職種によっては勤務先に名指しで連絡が入ること自体が不自然な場合も多く、カードローンに申し込むことを敬遠する人が減ることはありませんでした。
そのような状況を打開するため、近頃の在籍確認では社員証や勤務先が発行する健康保険証などその会社に所属していることが分かる書類を提示することによって在籍確認がとれたものと見なす消費者金融会社が多くなってきています。
そのため、土曜日や日曜日、祝日など勤務先に従業員が誰もいない日でも審査が行えるようになるというメリットも生まれました。