審査が緩いカードローン

カードローンの審査で緩いのはどこか?

カードローンの審査は、ローンの中では緩いことで知られています。
ローンの多くは借りるときに担保や保証人を求められるのに対して、カードローンに関しては担保・保証人不要が基本となっています。
銀行などの金融機関の場合は銀行側で保証会社を設定することがありますが、消費者金融に関しては保証会社の設定は不要とするのが基本です。
いずれにせよ自分で担保・保証人を用意する必要はなく、非常にお手軽に利用できるローンだと言えます。

 

カードローンの審査が緩いのは消費者金融ですが、昔と比べると厳しくなっているので、銀行とあまり変わらないと考えていいでしょう。
それならば低金利の銀行で借りたほうがお得と考える方も多く、銀行は総量規制の対象外になるというメリットもあります。
年収の3分の1超を借りるためには、消費者金融や信販会社などのノンバンクは不可となります。

 

カードローンを絶対に利用できない方は、現時点においてブラックになっている方です。
ブラックリストに登録されていると、1円も借りることはできないのです。
個人信用情報機関に開示要求をされると、ブラックを隠しながら借りようとしてもバレるので注意してください。
債務整理をした方に関しては、5年間はローンを利用することができません。
債務整理をしたローンを完済してから、5年以上経過するとブラックから除外されて再びローンの利用が可能となります。
ただし、債務整理の種類によっては5年超のブラックになる可能性もあります。
七十七銀行